カテゴリー「参考にさせていただきました」の10件の記事

2010年9月24日 (金)

田中奈保美著「枯れるように死にたい」新潮社刊 1500円

Eさま、お知らせありがとう。
おかげさまで、「老衰死」ができないわけがよくわかりました。と同時にぼんやりせずに予備知識を持っていないとひどい目にあわされるということも。
図書館にリクエストしていたのが届いて、半分読んだところでBストアに1册注文しました。いろんな人に貸してあげたくなったので。

「胃漏(イロウ)」が老衰死を妨げる延命措置となることが多いのだということもよく理解できました。

最近介護経験者のグループと親しくしているのですが、
「いまに食べられなくなったらイロウをするのよ。胃に穴を開けて流動食を送り込むの。案外痛くないのよ」
とまるでそれが当たり前のことのようにいろいろな人から聞いていました。
ひどいことをするとは思っていたのですが、あやうく当然のこととして受け入れるよう洗脳されるところでした。
施設に入所している場合には、家族に相談もせず勝手にイロウにされてしまうこともあるなんて想像もしていませんでした。恐ろしいことが行われているのですね。

ただ、今tomo母がデイサービスとショートスティでお世話になっているS苑では多分そのような心配はないでしょう。
S苑には数百人の入所者がいるのに昼食時に車椅子のままなのは3・4人しかいませんでした。

S苑では車椅子を移動の手段と位置づけています。つまり、車椅子はかけ心地が悪いので、一日中座っていてよい椅子とは認めていないわけ。テーブルの回りにいるときは普通の椅子に掛けさせてもらえるのです。

ある「リハビリで評判のよい」老人保健施設の見学に弟と行ったことがありますが、なんとそこでは全員が車椅子!テーブルの廻りには普通の椅子が1脚もなく、ボランティアのような人が何人か来ていたのですが、椅子がないのでその人達は全員立ったまま!
案内してくれた職員の人はその異常な状態になんの疑問も持っていない様子でした。あまりのことにあきれてしまって、さーっと館内を案内してもらって、特に質問などは何もせず草々に退散しました。
その施設は少々遠かったのですが、よいリハビリをしてもらえるなら母にショートスティに行ってもらおうかしらと思っていたのにびっくりでした。

母がお世話になっているS苑は、そんなわけで、標榜していることがほんとかしらとその後ケアマネージャーさんと一緒の見学の機会があったとき、車椅子の人に注目していたのでした。よいケアをしてもらっているようなので、ここには、今年はじめに入所の申込もしました。順番待ちなのでまだずっと先かもしれないし、運良く最後まで自宅にいられるかもしれませんが、念のためターミナルケアはどうしているかなども含めてそのうちよく話を聞いてみようと思っています。

母は今のところ、デイサービスとショートスティを半々ぐらいに使ってなんとか在宅できており、食事も普通にしています。
ただ、変形性膝関節症の末期なので歩行はたいへん困難。
全員車椅子の施設を見学した頃と違って、リハビリでなんとか歩行を改善させようという考えは今では私の頭にはひとかけらも存在しません。
それでも、もう無理なのかも知れないと思いながらも、両手に4点杖を持って自力で歩いてもらっていたら、だんだん歩き方が上手になってきました。
超スローですが、安定しているので私はそばにいるだけで母の体にはどこも触らず見ているだけ。
最近では、人出をたくさん借り、そのほかいろいろ手抜きもするようになり、母との同居がずいぶんラクになりました。

よい本を書いてくださったと、著者の田中奈保美さんにはほんとうに感謝です。

そういえば、老衰ってどういうものなのかも私にはまったく知識がありませんでした。だいたい人が死ぬときどうなるかということも知らなかったと気が付きました。いろいろ調べようとただいま資料集め中よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

バリデーション

症状が和らぐ!会話が戻る! 認知症の心を知るバリデーション

認知症の人が、支離滅裂なことを言い出しても否定しちゃだめというのは介護の基本になっていて、多分、プロの方たちや長く家族を介護している人たちは、自然にやってきたことなのだろうと思う。

これを不安を和らげるテクニックとして発展させてバリデーションという名前をつけたのが、米国のソーシャルワーカー、ナオミ・フェイルさん。

tomo母にはまだ、このテクニックは不要なのだけど、、、。

普及させるにはまず名前をつけることだ。
デイサービスAのE君にこのページをプリントしてあげたら、やはりふだんから気を付けてそうしているけれどバリデーションという名前は知らなかったと、とても喜ばれた。
tomoが知ったのは、認知症を学ぶ会の掲示板でディスプレイさんの発言から。
ディスプレイさんありがとうございました。

バリデーション―痴呆症の人との超コミュニケーション法(ナオミ・フェイル著 筒井書房)

認知症ケア時代の新コミュニケーション~スウェーデンでも生きるバリデーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

AN根菜スープ(友人ANオリジナル根菜スープ)

AN根菜スープの作り方
材料
 大根1本
 にんじん2,3本
 ゴボウ1,2本
(少ない時は、タマネギも加える)
(出しは適宜、昆布を入れるときもある)

作り方
夜、上記の材料を薄めに切って、圧力鍋に一杯にし、水を下三分の一位まで入れ強火で加圧、沸騰したら、弱火で30分ぐらい加熱。
朝になると、手を入れられるくらいになるから、材料を手で揉んだり、こすったりして、粉々にして、味噌で濃いめに味を付けて、冷蔵庫で保管。
食べるときは、少しお湯を入れて、味を加減する。

09/03/11追記
ANさんもお母さんもこのスープで、毎日快便となり風邪をひかなくなったという。
ANさんのお母さんは、アルツハイマー型認知症だったけど亡くなる10日前まで自宅で暮らしたとのこと。うちでもぜひあやかりたいものである。

AN根菜スープの原型となった「野菜スープ」の作り方も一緒に送ってくれたのでここに記しておく。
ANさんは、はじめしばらくの間は「野菜スープ」を忠実に実行していたが、手間を省きたいために上の「AN根菜スープ」にアレンジしたという。でもレシピを読んだかぎりでは「野菜スープ」のほうが簡単だし、飲みやすそう。
ただ、残ったゆで野菜の始末に困るのではないかと思う。一緒に食べてしまってお腹に始末してしまうのだと思えば,AN根菜スープのほうが簡単。

ANさんによると効果は、元の「野菜スープ」のほうが良いか同じぐらいとのこと。大腸に効いてくると便が太く、匂いがなくなってくるのでわかるとコメントをくれた。

tomoは「AN根菜スープ」をさらにどんどんアレンジして、フードプロセッサなども使っているし、皮も全部剥いている。ただ、毎日同じ野菜を食べ続けることになるので、用心して材料は近所の自然食品店で購入した。まだ1週間もたたないのでどうなるかわからないが、結果がよければ「tomo根菜スープ」としてあとで記録しておこうと思う。

こころなしか、今夜の母の歩行状態が良くなっているように思えた。さっきおやすみを言ったとき、ヨタヨタ状態はそのままだが、移動速度が速かったように思えた。

------------------------------------------------------------
「野菜スープ」の作り方
基本材料
 大根 1/4本
 大根葉 1/4本
 人参 1/2本
 ごぼう 大1/4本(小なら1/2本)
 しいたけ 1枚(電気乾燥したものはビタミンDが不足しているから不可)

作り方
 1 野菜はあまり細かく切らないで、大きめに皮ごと切って鍋に入れる。
 2 野菜の量の3倍の水を入れる。
 3 沸騰したら、1時間弱火で煮込む。

飲み方など
スープだけをお茶代わりに飲みます。
残ったスープ(tomo注:「残った野菜」のミスプリントではないかと思う)は、味噌汁、吸い物、ラーメン、うどんの汁の中に入れてご利用ください。

注意
野菜は、ボイル、あくだしをしないでください。
野菜を多く入れれば、それだけ早く良くなるというものではありません。どこまでも基本を守って下さい。
------------------------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

「介護の達人」羽成幸子著 文春文庫

5人の介護をした羽成幸子さんの明るい介護のヒント集。40項目。
介護している人必読。

荻野アンナ著「働くアンナの一人っ子介護」に紹介されていたので、すぐに図書館にリクエストした。

たいへん風呂の法則、ニコニコの法則ほか、役立つ法則がいくつも。
介護の嘘懐石「松、竹、梅」に気を付ける。
逆ボランティア、コミュニケーションはタノミケーションから

なんのことでしょうね、みんな著者のオリジナルアイデアです。

びっくりしたのは、寝たきりのキクさんにボランティアをさせてしまった話。
「当方、ただいま寝たきり老人介護中。今、これから介護する方、される方、一緒に情報交換しませんか? ハナリ」
と自宅の垣根に看板を掲げて、キクさんをモデルにして自宅介護の実際を見学者に公開してしまった。遠くからも見学者が訪れて、キクさんは今日は何人来るのかと楽しみに待つようになったとか。

できれば文庫本は、電車の中用にとっておきたいのだが、ちょっとめくったら続きが読みたくなり、終わりまで一気に読んでしまった。

WEBでも読めるハナリさんのエッセイはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

「Tシャツを5秒でたたむ方法」発見

生活技術はすべての人に必要です。覚えれば明日から家事時間が短く!

こういうの大好き。
macrobi papa  さんご紹介ありがとうございました。

YouTubeのTシャツを5秒でたたむ方法はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

フェルガード100再開。1包/日

認知症を学ぶ会掲示板にヒロシ先生の
フェルガード100の臨床試験(最終報告)
が公表された。

認知症の症状一般と共に運動症状のパーキンソニズム改善にたいへんな効果があったとの内容。
聞いてはいたが、その結果はびっくりしてしまうほどであった。
ぜひあやかりたいと、母に話してフェルガード100を今日夕食時から1包/日で再開した。

現在の排泄トラブルは、フェルガード100服用時とは比較にならないぐらい深刻になっている。フェルガード類すべてを中止せずに、Newフェルガードのみ中止した方がよかったのかもしれない。

最終便失禁から11日目。前回のインターバルは16日。
前回被害はほとんどなかったが、排泄回りの認知能力はかなり低下してきているように思える。次回どうなるか考えるだに恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

公開日時変更とココログ編集!がボケ歴製作に大助かり

ここ数日でボケ歴を大幅に追加した。

以前紹介したfacetさんの

[ココログ]記事の公開日時変更をもっと簡単に!

のおかげで、大助かり。
18年前までなんて、ひと月ずつ過去へたどっていくココログの仕様のままではとても不可能でした。

もうひとつの必須。

「ココログ編集!」

今見ている自分の記事を修正したくなったときワンクリックでその記事編集画面に飛ぶことができます。

テニオハは修正したくなっても、まあいいかと思ったりもしますが、追加記事をそのページに書きたくなったとき、気軽に編集できるので、記録には必須。

ブックマークレットなので、簡単にお気に入りに登録するだけで使えます。ほんとに便利。

facetさんありがとうございました。

(08/11/15UP 10日はパプニングでたいへんだったのだ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

Firefoxが快適

ボケ歴を追加するのに、ココログの仕様だと過去の日付に変更がとってもやりにくくて本当に困っていました。

カレンダーを1か月ずつさかのぼるのは容易なことではありません。
たった1年でもクリックで手がくたびれそうになったので、何かないかと検索しますとたどりついたのが、すでにいろいろ使わせてもらっているfacetさんのサイトでした。

[ココログ]記事の公開日時変更をもっと簡単に!

ところが私が使っているIE6では、稼働しなくなっていました。
この際しかたがない、facetさんと同じFirefoxにしてしまえと入れ替えますと、とっても快適。
bookmarkletはもちろん正常稼働。

描画も速いようだし、タブ型なので、ウインドウがやたらにできてどこになにがあるのやらわからなくなってしまう現象も解消、そのとき開いていた画面をそっくり保存することもできます。
そのほか便利なカスタマイズもできそうだし。

IE6からの入替もとても簡単でした。

思わぬ拾いもの、

facetさんとniftyのやりにくい日付変更に大感謝です。

ありがとうございました。トラックバックもさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

Newフェルガード強化療法

干渉低周波治療器による骨盤底筋のトレーニングは、うちの母の場合どうやらアテにならないらしいことがこの1ヵ月でわかってきた。

いちいちここには書かないけど普通の失禁も前後してほぼ連日という状況になっているので、今すぐこのトレーニングをやめてしまいたい気分。

とここまで書きかけて中断していたのが7日の深夜。

直後になぜ止めないのかと思い直し、さっそく翌8日からいったん中止とした。

なにも最初に3ヶ月間は続けてみようと思ったからと言って、効果がないどころか、悪化しているのに3ヵ月にこだわることはない。

最初のレンタルの契約を変更して、3ヵ月目に買取りしてしまったが、お金の無駄より母と私の時間のほうがたいせつである。

かわりにおっかなびっくり、Newフェルガードを昼食後にも一包み増やし、一日3包にした。

Newフェルガード強化療法です。

ドクターイワタのブログを参考にさせていただいて勝手にはじめました。
Newフェルガードとフェルガード100Mの違いと効果

イワタ先生、ありがとうございました。

今日で4日目。

今度は、Newフェルガードに多く含まれるガーデンアンゼリカの神経再生作用(神経細胞新生作用+神経突起伸長作用)に期待してみることにした。

効果はさっそく現れたのか、今日は卵焼きをひとりで焦がさずに作ってくれた。長ネギだけで削り節を入れ忘れたけど、甘みもちょうどよくておいしい。

Newフェルガードには下痢と興奮という副作用があるので、デイAでも日中特別に注意してもらっているが、普段と変わりなくすごしていると毎日連絡帳に書いてある。

下痢どころか、昨日は固めのお通じが2回、今日はまだないという状態なのでまたハプニングが起こらないかとtomoは少々緊張気味。

明日の朝は早起きして、臨戦態勢でいなくてはならない。
早起きは苦手なのに~、、

08/11/17追記
タイトル変更

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

目次表示

どんな記事を書いたのか、一覧表示がほしいと思いましたが、とりあえずは目次表示をしてみました。

niftyにはメニューがないので、以下を参考にさせていただきました。
参考にとは言っても、JavaScriptをそっくり貼り付けただけですが、、、

【ココログ】アーカイブページに目次とページングを付加するJavaScript


風柳さん、どうもありがとうございました。

風柳さんのサイトには、ブログを使いやすくするための道具がほかにもたくさんあります。

風柳さんまた訪問させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)