« 介護保険の意見書を書いてもらうためにM医師受診 | トップページ | S苑に3往復した母病気の二日目 »

2011年2月 3日 (木)

初めての病気のはじまり

07:30 介護保険ケアSTさん。最近はSTさんで落ち着いたよう。
08:15 排泄状況をデイサービスAの連絡帳に書こうと階下へ行くとき、階段室でオムツの消毒の匂いが少しした。STさんと話しているうちに匂いは気にならなくなった。

朝 ほうれん草、もやしソテー。茹でサツマイモ、カボチャ、ゆで卵、自家製パン
昼 デイサービスAにて
晩 恵方巻とうどん

デイサービスAから1330頃帰宅。送ってきてくれた職員が今日は足の調子が悪いようだからと玄関を上げてくれた。熱が7度6分あったので入浴の予定だったが中止したという。
その後tomo仕事で外出。H医院のTさんが母の様子を見に来てくれて、おかしいと携帯に電話をくれた。ぐったりした様子でふるえていたので心配になって電話したという。その後2回目に見に行ったときには落ち着いていたとのこと。
夕方tomoが帰宅したとき母の顔の左半分が紅潮していた。
夕方のトイレにはなんとか行けたが、立ち上がるのもおぼつかないのでトイレケアに1時間近くかかった。tomoひとりで大苦労。
車椅子のまま食事。
晩御飯は箸がうまく使えなかったので、15ミリ厚ぐらいに切った恵方巻を手でつまんでたくさん食べた。食欲はあり、うどんも小さめの椀のものを半分ぐらい食べた。
うどんはフォークに巻き付けて手に持たせてあげた。
食事に非常に時間かかかった。食後の歯磨きとトイレは省略。息子に手伝ってもらいベッドに寝かせてから、そこでオムツ替え。またテープ式オムツを使った。幸い便失禁はなし。
寝返りもできないので、三好春樹の指南本の通りに母の身体を向こう側、こちら側と傾けながら、たいへんな苦労をして夜用の大量吸収用オムツにした。
介助するようになって、3年目で初めての母病気の1日目。昨日の寝冷えが一日遅れで出たのか。

|

« 介護保険の意見書を書いてもらうためにM医師受診 | トップページ | S苑に3往復した母病気の二日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/522322/50808241

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての病気のはじまり:

« 介護保険の意見書を書いてもらうためにM医師受診 | トップページ | S苑に3往復した母病気の二日目 »